バーチャルオフィスは品川エリアがおすすめ

バーチャルオフィスというのは、仮想的に会社の住所を取得するということで、月額数千円で都内にオフィスを持つことが可能です。個人事業主に近い形で事業を行っている場合には、わざわざオフィスに行く必要はないのですが、やはり会社の住所というのがあった方が良い場合というのがあります。そして自宅の住所を公開するのも危険ということで、バーチャルオフィスを利用するという場合もあるでしょう。他には地方の企業が全国展開するためにイメージ戦略で東京にオフィスを持つという場合もあります。地方の企業というイメージがつくことがマイナスに働く可能性もあるので、活動の拠点自体は地方でも、本社を東京にしてしまうというようなことも可能なのです。イメージと実利の問題です。

バーチャルオフィスの使い方とは

仮想的にオフィスを持つとは言っても、商談の際にスペースを利用したり、またオプションで来客対応のサービスをつけるということも可能です。なので、品川などのアクセスが便利なところは企業ブランディングも高まりますし、来客する人が行きやすいというメリットがあります。実際に訪問者がいるということや、商談を行う可能性というのを考えた場合には品川というのは立地条件が良いでしょう。同じ品川でもオフィスによって設備やサービスというのは異なります。基本的には住所を借りるということがメインではあるのですが、スペースや設備の利用が可能で、スペースや受付のサービスがオフィスごとに異なるということです。受付が必要な人がいればそうでない人もいるというように使い方はさまざまです。

住所を持つということ以外にも便利

上述のように住所を持つというのみならず、設備を利用したり、スペースを利用したり、受付を代わりにやってもらうということが可能になっています。電話対応のオプションをやっているところもあって、これは非常に助かる場合もあるでしょう。事業によってはそのような電話というのはないので、自分のビジネスモデルに合ったオフィスを借りるということが非常に重要です。場所に関しても企業ブランディングという観点もあれば、実際に自分が行く際に便利な場所という観点もあります。どのように利用するかは人それぞれですが、もっとも多いネットビジネスの場合はあまり物理的にオフィスに行く機会は少ないでしょう。これはビジネスモデルの影響もありますが、そもそもネットビジネスの人はあまりオフィスが好きでない場合があります。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし