品川のバーチャルオフィスの探し方

バーチャルオフィスというのは、仮想的にオフィスの住所を持つというものです。目的としては、個人事業主などであっても住所を記載する必要というのがある場合があるのですが、その際に自宅の住所は書けないということです。ネット上に自分の家の住所をさらすというわけにもいかないので、バーチャルオフィスを借りてその住所を記載するという対応になります。郵便物などは自宅に転送してもらうことが可能なので問題ありません。また他にはすでに他の地域で事業を行っている会社が企業ブランディングの目的で品川などにバーチャルオフィスを借りるというような場合もあります。品川にあるということであれば、企業イメージがマイナスに働くということもないので良いでしょう。立地はイメージにつながります。

仮想的なオフィスの利用方法とは

基本的に住所を借りるということが目的なのですが、物理的に利用したり、サービスオプションというのもあります。物理的に利用するというのは、オフィスのスペースを借りて商談を行ったり、設備を使うことが可能ということです。これはビジネスの形態によっては利用する可能性がありますが、逆にビジネスの形態によっては不要です。特にネット上で完結する人の場合は物理的な利用というのは求めていない場合が多いです。その場合には住んでいる地域に関係なく品川などにオフィスをレンタルしておけばよいでしょう。単純に数が多いです。オプションというのは、オフィスに掛かってきた電話に対応してくれたり、実際にオフィスを訪れた人の受付対応をしてくれるというようなサービスになります。これは業者によって違います。

バーチャルオフィスのデメリット

仮想的にオフィスを持つというのは上述のようなメリットがあるのですが、逆にデメリットというのもあります。まず法人化した場合に融資をもらいにくいということがあります。ちょっと前は仮想的なオフィスを持つというのは出会い系などの風俗業界が多く、法律に抵触する可能性があり、万が一の場合に姿をくらませることが目的というような事情も多かったのです。しかし最近は個人事業主の利用が多いので話は別でしょう。また企業ブランディングが目的で仮想的にオフィスを利用するという場合には、ネットで住所を検索された場合にばれるということがあります。これは問題ではないのですが、ブランディングとしては微妙なところです。他の企業も同じ住所を借りている可能性もあるので、その点も懸念事項でしょう。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし